星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

寝転んで「HMZ-T1」

 ここ二日ほど、寝る前に「HMZ-T1」で3Dのビデオクリップなどを見て楽しんでいます。布団にあおむけになって「HMZ-T1」を使うと重さが前のめりにならず、なかなか快適です。

 装着のこつは、後ろのバンドを外して、顔の上にポンと載せるだけ。このポジションがちょうど良いです。ただし長い時間になると横を向きたくなるので、その時は手で押さえなければいけません(^^;


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
スポンサーサイト
HMD | コメント:0 | トラックバック:0 |

VUZIX Wrap1200 ファーストレビュー

今日、アマゾンからVUZIX Video Eye Wear  Wrap1200 と iPhone4s白ロムが届きました。今回はヘッドマウントディスプレイWrap1200について、書きたいと思います。

HPにも書いたのですが、軽いです。もちろん普通のサングラスよりは遥かに重いですが、HMDとしては今評判のHMZ-T1やMOVERIOよりも数段軽いです。見た目は普通のサングラスです。「普通」です。。

これぐらいの見た目だと、外でつけてもそう違和感ないかも知れません。例えて言えば、マトリックスに出てくるミスターアンダーソンみたいな感じです。(^^;

装着したのが短時間なので、どこが痛いとかはまだ気づきませんでした。長時間になると鼻あたりが赤くなるかもと感じています。

気になる画質は、iPod touchとの接続では、SD画質そのものでした。少し前によくみたあの感じです。そういうものだと割り切れば、明るくて見やすいとも言えます。

画面の大きさは、きちんと装着できてから、何インチぐらいとたとえたいのですが、エプソンのMOVERIOよりは大きく感じます。視野角もこちらのほうが若干広かったと思うのでカタログ通りというところでしょうか。

まだまだ設定も含めて試せていないことが多すぎるので、評価は先に延ばすとして、古い機器を今でも大事に持っている私にとっては、なかなか使い道のあるHMDです。(*^_^*)

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HMD | コメント:0 | トラックバック:0 |

HMZ-T1 と iPad2

 新館の3Dホームシアターにも記事を書いたのですが、このHMZ-T1とiPadの組み合わせってありだと思います。というのも、意外とiPadはしっかりした動画を再生できるので、HDMIケーブルでの接続だとプロジェクター並みの画が出ます。特にアニメーション系は色が綺麗で、黒もしっかり出ていました。

 なぜ、iPadかというと、けっこうiPad用に動画を集めたので見るものが多いということもあります。あちこちで拾ってきたものが多いのですが、これがまた職人と言ってもいいほど、エンコードが見事です。このレートでよくもまあこんなに綺麗にエンコできるなあって感心してしまいます。

 もっと単純な理由は、ソファのそばにHMZ-T1もiPadも置いているので、つないですぐに再生できます。すぐに使えるところがいいのです。いちいちレコーダーの近くまで行って、HDMIケーブルを外してHMZに直結し、椅子を持ってきて見るよりは、ソファのそばの棚からiPadをつかみ、隣に置いているHNZのプロセッサにつなぐ。この方が楽です。(^^;

 エプソンのMOVERIOも、モバイル特化の機器なので、楽な使い方をするには向いています。HMZ-T1もプロセッサの駆動が2、3時間ぐらいもつバッテリーなら、もっと使い方の場面が増えたのかもしれません。

 一過性のブーム?で終わることなく、今のヘッドフォンのよう認知されるよう、成長していってほしいです。
(*^_^*)(^_^)/~

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HMD | コメント:0 | トラックバック:0 |

MOVERIO BT-100 Androidアプリで Dlna 試してみた

 今日は朝目が覚めるときに「そうだ、Dlnaのアプリで試してみよう」と突然思い、早速AndroidのDlnaアプリを検索しました。いろいろあるみたいですが「skifta」にしました。

 MOVERIOにアプリをインストールするまでには、少し手順を踏まないとできません。まず手持ちのアンドロイドスマフォに「skifta」を入れる。スマフォ本体のアストロを立ち上げ、「skifta」のファイルをバックアップ。
 そのファイルをUSB接続でPCへ。PCからMOVERIOのマイクロSDにという具合にファイルを移していきます。
 ファイルがMOVERIOの中に入ったら、SEビューアー?のアプリからインストール。これでMOVERIO側の準備はOK。

 次にPC側をDlnaサーバーにするためのソフトをいれます。これもネットで調べると「TVersity」の記事が多く設定ものっていたので、「TVersity」を選びました。インストールも設定もほどなく終わり、いよいよ接続。

 あっけなく接続できたので、何やら不思議な感じ。(^^;

 動画再生を試したところ。この組み合わせで使えるという人も多いだろうし、だめだという人もけっこういると思います。その理由は、一定の動画まではヌルブル動き、十分使えるのですが、ある程度の重さになったときに映像が遅れてきたり、カクカクとなります。

 いろいろ動画をいれてみましたが、どうもビットレートで1000のあたりをオーバーする辺りから怪しいです。サイズは上手にエンコしている動画ならHDクラスも大丈夫ですが、おおむねSDあたりがいいみたいです。

 Ipod用にエンコしていたコンサート動画が、ストレスなく再生できていたので、ソフトによくある設定のなかで「ipod iphone ipad」あたりの設定でエンコしておくと、Dlnaで使えそうです。

 BSデジタル並み(^^;の動画をそのままMP4に変換した動画はだめだめでした(^^;

 今までDlnaなんて、「DIGAのお部屋にジャンプ機能?」ぐらいしか知識がなく、仕組みもやり方も全然わかってなかったので、一日いい勉強になりました。なかなか面白そうなので、DlNA用にHDDを一台かってこようかなって思っています。PS3からもIpadからも自在に使えそうです。もちろんPCも。

 あれ、日にちをまたいでしまいました。それではおやすみなさい。(*^_^*)(^_^)/~

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HMD | コメント:0 | トラックバック:1 |

MOVERIO BT-100 と microSDHC

 アマゾンで、microSDHC 32Gを4枚買った。せっかくなので、ジャンル別に分けてみようと思っています。

 映画、音楽PV、ドラマ、ホームビデオ こんな感じを予定しています。できるかなあ。

 MOVERIO対応ファイルにするのに、手間がかかりそうです。寝ている間にできるよう、エンコードをセットしておかねば。こんな時はデスクトップ機を持っていたら安心なんだけどなあ。ノートだと熱で基盤焼いてしまいそうで、ちょっとこわいです。(^^;

 いつも思うのですが、microSDHCって小さいです。小さすぎて失くしそう。しかもタイトルとか書くスペースないから、何入っているか分かりにくいし。書けたとしてもそんな小さな字読めないし(^^;

 あんな小さなのに32Gなんて、嘘みたいです。1Gのハードディスク買うのにお金が足りなくて、ずいぶん思案したのは、もう昔話もいいとこですね。自分も歳をとりました。

 
 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HMD | コメント:0 | トラックバック:0 |

MOVERIO BT-100  4m で 65インチ (^^;

 新館のシアターにも記事を書いたのですが、EPSON MOVERIO BT-100 来ました。さっそく梱包を開けてさあ、試そうと思ったら、「充電に五時間かかります」とのこと。先が長い。

 五時間は長かったです。(^^;。

 充電も終わって、さっそく電源オン。すると「EPSON」とか「MOVERIO」とか、お約束のロゴが浮き上がり、ようやく初期メニュー。スマホと同じくタッチバッドをスライドさせてロックを解除。

 あれこれ設定をしながら「シースルーだよなあ、向こう側が完全に見えてるものなあ」と不思議な気持ちに浸っていました。すると、ちょうど目の前のTVと、浮き上がったMOVERIOの画面が重なりました。大きさもぴったりです。

「ということは、何ですか、 今MOVERIOは65インチですか 」と4m離れたソファに座りながらつぶやいてしまいました。ほんとにビエラの内側に浮かび上がる画像を合わせるとぴったり。やっぱり4mで65インチです。

 近い壁を見ると、小さな画面に映ります。窓の外をみると、大きな体育館がすっぽり収まります。なんか変な感じです。指で四角を作って、フレームを計っている映画監督みたいなものでしょうか。

 一番よかったのは、youtube が気軽にみられることと、その中の 3D動画はサイドバイサイドがほとんどなので、ボタン一つで3D視聴ができました。解像度があまりないので、完璧ではないですが、なんといっても向こう側が透けているのですから、そこまでフルHDにこだわっても仕方ないです。

 携帯性は非常にいいですね。持ち運びが簡単にできます。小さなバックが付属されていて、それにすっぽり収まります。眼鏡をかけたまま移動もやろうと思えばできそうですが(実際家の中はあちこち移動できました)、危ないです。そのまえに動くとメガネが重いです。鼻が痛いです。(^^;

 まだ数時間しか使っていないので、これから色々分かってくるのでしょうが、なかなか楽しいアイテムです。

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HMD | コメント:2 | トラックバック:0 |

EPSON MOVERIO BT-100

 ソニーのヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」は、相変わらずの品不足でまだまだ製品がユーザーに行きわたっていない中、エプソンから同じジャンルの商品が発表されました。

 「世界初のシースルーHMD」というコピーで勝負しています。一番に知っておかないといけないのは、ハイビジョンの解像度は持っていない事。画面から外の景色が透けて見えること。HDMI端子を備えてなく、データは最大32GBまでのmicroSDHCカードで行う事。無線LAN対応でバッテリー駆動なこと。

 HMZ-T1と比べるのは、土俵が違うので無理なのですが、あえて比べるとしたら、据え置きか携帯かという感じでしょうか。とにかく使ってみないとわからないので今日注文しました。

 昨日発売だったので、どこかの店舗に実機があるかと、JOSHIN、ヤマダ、ケーズと回ったのですが、どこにもデモ機は置いてなく、取り扱いを明言したのはケーズだけでした。2週間ほどお時間頂きますとのこと。(^^;
 あとの二店舗は「取り扱っていません」の一言でした。

 一番おかしかったのは、ソニーのはっぴを着たメーカーさんが「なんですかそれ?何が発売されたんですか?」と言ってた事です。エプソン、プリンタ以外は認知度低い~っと腰砕けになりそうでした。

 仕方がないので、ネットで調べると「取り扱っていません」と言ったJOSHINのWEBに、在庫少々で載っているではないですか。慌てて注文を入れたものの、HMZ-T1じゃないんだから、数日たてばいつでもどこでも買えるのかも(^ 

 注文から約4時間後、発送しましたのメールがJoshinから来ました。上新おそるべし。もう発送したのですね。参りました。ということで、明日か明後日にはレビューできそうです。
 (*^_^*)(^_^)/~
 
 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HMD | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。