星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シネマDSP

 十年ぶりのヤマハアンプ。シネマDSPで映画を堪能しています。アクション系の映画を観るときに、音響効果で随分と映画の印象が変わってきます。今までは後ろからのサラウンド音声の回り込みがいつも気になり、どちらかといえばスクリーンより、後ろ側に気を取られていましたが、シネマDSPHDキュービックで鑑賞すると、フロント側に集中できました。フロントハイにスピーカーをつけた効果があったように思います。

 さて、このシネマDSPですが、どのモードでどのスピーカーが鳴るのか気になってきました。一応11個のスピーカーはすべてアンプにつないでいます。ただ、内蔵アンプの数が9個なので、全部鳴らしても9個までです。となれば、どのスピーカーが鳴って、どのスピーカーが鳴らないのだろうか。

 それを確かめるには、アンプ前面のディスプレイ窓の表示か、オンスクリーンでアクティブになっているスピーカーを確かめることができました。通常の5.1chサラウンド音源では、サラウンドバックの二個がオフで、あとの9個から音が出ています。

 うちの場合、BSデジタルからの録画物が多いので、ほとんどが5.1chの音声になります。となるとこの場合サラウンドバックは鳴らないのか?それとも、外部アンプをつけて11個のスピーカーを同時に鳴らせるように物理的条件を可能にしたら、11個同時に鳴るのだろうか?

 3010の説明書には、そのあたりのことは全く書かれていません。そこでグーグル先生にお尋ねすると、ヤマハアンプのフラッグシップ機種の「DSP-Z11」のマニュアルにシネマDSPの時にどのスピーカーがアクティブになるのか、解説がされているとのお答えを頂いたので、さっそくダウンロードしてみました。

 その結果、どうやら、内蔵アンプ+外部アンプで11出力にしても、元々の音声が5.1chのときはサラウンドバックは鳴らないみたいです。7.1ch音声の場合はサラウンドバックも含めた11個のスピーカーが鳴るみたいです。みたいみたいと繰り返しているのは、表がのっているだけで、解説がなかったので、どうもよく理解できていません。間違って理解しているのかもしれません。

 となると、外部アンプの購入はどうしようか、ためらっています。普段よくみているBSデジタルの映画では、外部アンプを導入してフル対応しても、サラウンドバックが鳴らない。もちろん7.1chに対応しているブルーレイディスクを購入すれば問題なさそうですが、さて、どうしようか。

 もうしばらく悩んでみることにします。(^^;


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
スポンサーサイト
RX-A3010 | コメント:0 | トラックバック:0 |

9.0+2ch 化 完了

 風邪もすっかり治って、またぼちぼちとアンプの多チャンネル化に手を入れています。今日は設置したスピーカーの配線も終わり、アンプに接続し音だしまでこぎ着けました。
 
 スピーカーの構成はフロント左右+センター+サラウンド左右+サラウンドバック左右+フロントプレゼンス左右+リアプレゼンス左右の11個です。追加分のスピーカーはヤマハの小さくて値段の安いブックシェルフ型のにしました。サブウーハーは今は取り外しています。

 ヤマハの「AVENTAGE RX-A3010 」には、スピーカーのバランスなど設定は自動でできます。自動設定用のマイクを視聴ポイントに置いて、あとはすべてお任せ。測定結果を保存して、その後テストトーンでもういちどバランスを確かめます。さすがに11個もスピーカーがあると、何が何やらという感じもありますが、あちこちから聴こえてきて楽しいです。

 配線作業の片づけをして、部屋の掃除をして綺麗にしてから、映画を観ました。BDからは「トップガン」BSデジタル録画からは「ジュラシックパーク」を観ました。今回のシネマDSPHDキュービック(9.0)と比較するためにどちらの映画も5.0chで事前に視聴しておきました。
 
 視聴した感想ですが、やっぱり音に包まれているような感じがしていいです。とても気に入りました。セッティングは自動なので、細かいところは「あれ、サラウンド右鳴りすぎ」とか、「フロントプレゼンス、鳴ってる?」など、気になりましたが、自分で設定していた5.0chよりは、よほどバランスよく設定されています。YPAO(自動設定)おそるべしです(^^;

 今回の作業は、とりあえずスピーカーを取り付けて鳴らすのが目的でした。まだまだ完成とは言えません。特に気になる点は、スピーカーは設置した11個なのですが、「AVENTAGE RX-A3010 」の内蔵アンプは9つなので、同時に鳴らせるのは9個までです。11個すべてのスピーカーを鳴らすには外部パワーアンプが必要になります。いずれは外部パワーアンプを購入し、完全な11ch化を計りたいと思っています。マランツの2chのアンプあたりを狙っています。

 もうひとつ気になるところは、スピーカーケーブルです。そこそこ値段のするケーブルに交換するつもりでしたが、その前にスピーカーがそろってしまったので、作戦変更。とりあえず手持ちのケーブルやスピーカー付属の細いケーブルで配線しました。初期動作テストならこれでいいのですが今後の事も考え、すべて交換したいなと思っています。ただ予算にも限りがあるので、m当たりいくらぐらいのにしようか悩んでいます。(^^;

 しばらくは「サラウンドごっこ」で遊べそうです。それでは今日はこのへんで(*^_^*)(^_^)/~


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
RX-A3010 | コメント:0 | トラックバック:0 |

AVENTAGE RX-A3010 仮設置完了

 注文したアンプを朝の9時過ぎにクロネコさんが届けてくれました。とりあえず夕方まで廊下に置いておこうと思いましたが、とにかく梱包が大きくて場所ふさぎになってしまいました。すぐに開封したいのを我慢して、一仕事終わってから、ようやくアンプとご対面しました。(^^;

 初期動作チェックだけしようと思い、準備しているうちにラックに入れてみたくなり、そのままの勢いで仮設置しました。DENONのアンプより一回り大きいので、ラックの場所を変え棚板を動かして場所を作りました。とりあえず使うケーブルだけ繫いで残りの分は外していくと、アンプの裏側もすっきりです。今日は鳴らしてみるのが目的なのでこれで終了。といっても二時間はかかりました(^^;

 スピーカーはそのままなので5.0chです。さっそくサラウンドを試してみたくジュラシックーパークで視聴スタートです。アドベンチャーやスペクタクルあたりで鳴らすとなかなか楽しい音が出ました。以前少しだけヤマハのアンプを使っていたときの音を思い出して「そうそうこんな感じ、こんな反響だったなあ」ってつぶやいてしまいました。

 一番チェックしておきたかったHDMIの機器連携ですが、うまくいく組み合わせと連動しない組み合わせがあります。スプリッタを通して入力したぶんは連動しません。また連動して困ることもあります。プロジェクターを見るために機器操作しているのに、スクリーンの裏側をみるとテレビが連動してオンになっていました。使い勝手のいい方法をみつければ大丈夫だとは思いますが、今は失敗が多いです。

 3Dの信号はアンプを通してもおおむね大丈夫、認識します。ちょっとくせがあって、ひと手間かけないといけない組み合わせもありますが、このあたりの挙動はスプリッタとあまり変わらないです。ただスプリッタのようにマトリックス型に切り替えができないので、同じ機器の信号を二系統出力することになります。同時出力だと3D再生に影響があるかも知れません。もう少し使ってみないと何とも言えません。

 十年ぶりの新しいアンプなので、操作もまだまだついていけませんが、今のところ動作不良もなく一安心しました。あとはマニュアルを隅からすみまで読んで覚えこむのみです(^^;とりあえず今日はここまで。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
RX-A3010 | コメント:0 | トラックバック:0 |

AVENTAGE RX-A3010 発注

 今日、家電量販店を三軒めぐって「AVENTAGE RX-A3010 」の見積もりを取ろうとしたのですが、在庫はもちろん展示もなし。一軒目だけ値段を出してもらうものの「こりゃだめだわあ」と思い、後の店は何となく立ち寄っただけといった感じです。

 顔見知りの店員さんにいつものように、いろいろ教えてもらって、ついでに非売品ももらって楽しい家電ツアーを終えました。帰ってきてからネットを散策。最終的に「アバック」で買うことにしました。値段は価格コムよりも安かったので満足です。即納といかないみたいなので、楽しみに待ちたいと思います。

 さて、購入を決めたヤマハのAVアンプ「AVENTAGE RX-A3010 」ですが、基本9.2ch(外部アンプ使用時11.2ch)まで対応みたいです。我が家は今5.0chなので、さてどうするか。晩御飯を食べてからあれこれ思案しています。とりあえず9.0chまで何とかもっていけないかと、壁や棚の上を見ながらスピーカーをどうやって設置しようかと考えています。ホームセンター通いが増えそうです。

 配線はどうしようか?スピーカーケーブルを全とっかえしようか。ついでにプロジェクターまで伸ばしているHDMIケーブル15mを「ちょっと高級品で」もう一系統配線しておこうか。

アンプが来る前に決めておかないといけない事や、買っておかないといけない物がいろいろ出てきました。とにかくラックの中を一度ばらして配線も外してリセットしてしまうのだから、この機会に今後使いそうな部分の配線だけは、前倒ししてでもやっておかないと後々面倒です。

 昨日のブログにも書いたように、手持ちの機器に比べてどう考えてもオーバースペックですが、まあ10年使うつもりで大事にしたいと思います。

 それから、電話注文しているときに「色は?」と聞かれ、考えていなかったので咄嗟に「ゴールドで」と頼みましたが、よくよく考えると後の機器は全部黒です。今使っているDENONのアンプだけがゴールドに光っています。(^^;。まあ、あと5年もしたらゴールドが流行るかもしれないので、良い選択だったと思うことにします。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
RX-A3010 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ヤマハのAVアンプ

 一昨日からAVアンプを買い替えるか、そのまま使うかまだ悩んでいます。(^^;
 買い替えるとしたら、今使っているDENONか以前少しだけ使ったことのあるYAMAHAか、どちらかにしようと思いあちこち検索しては、ため息をついています。

 買い替えの目的は、やはり今の世代のアンプが欲しいということ。つまりHDMI機器の交通整理に使いたいからです。それに、このところプロジェクターで視聴しることが多くなってきたので、久々に今風のサラウンドに興味がでてきました。

 機器選びをしている時はいつも楽しいものです。エントリークラスからハイエンドのフラッグシップモデルまで買ったつもりでスペックを調べてあれこれ空想の世界に入り込んでいます。

 今一番興味があるのはヤマハのAVアンプです。AVENTAGE RX-A3010 という機種が気に入ったのですが、どう考えてもうちのシアターにはオーバースペックなので、エントリークラスの A1010 か A2010 がいいのかも知れません。浮いた差額でサラウンドバックのスピーカーを新調してもいいですし、いっそフロント上部に天吊りして9.0chにしようかな(^^;(サブウーハーはあまり使わなかったので今は押入れの中です)

 ただ買って使ってみないとわからないのが「3D機器との相性」です。なんだかオカルトチックですが、カタログスペックではHDMI1.4a対応ならどの機器を繫いでも同じはずなんですが、今までの経験上相性はでます。ようやく購入した三種類のスプリッタの癖もみつける事ができ、安定して使えるようになったシアターなので、今無理をして新しく人柱チャレンジをする必要もないのですが、それでもAVアンプにも魅力を感じます。

さて、どうしようか。とりあえず明日いつもの三店舗めぐりをすることにします。上新、ヤマダ、ケーズの順番です。でもホームシアターのブースははケーズしかないんだよなあ。(^^;


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 

 

 
RX-A3010 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。