星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AVアンプ

 一昨年から、シアターの機器を新しいものに入れ替え、ほぼ思うような感じになってきました。ただ前にはなかった規格の「HDMI」でつなぐ機器ばかりになったので、元々あるAVアンプではさばけません。そのためHDMIスプリッタ二個を使って映像出力は整理しています。音声のみアンプでさばいています。

 久しぶりに今のAVアンプはどうなっているのかとネットで少し調べると、随分進化していました。何やらDLNAにまで手を伸ばしているみたいで、ちょっと違和感がありました。(^^;

 HDMI入出力端子は、入力8系統。出力2系統というのがあり、便利そうです。HDMIは映像も音も同時に扱えるので配線の取り回しもきっと楽になるだろうなあ。って、ちょっと欲しくなりました。

 気になるところは、3Dの信号がきれいに通るのか。そこが一番の問題です。HDMI1.4対応なら大丈夫だと思うのですが、どうでしょう。それにうちの場合は出力側にテレビとプロジェクターとヘッドマウントディスプレイがあるので3出力必要です。そうなれば、どうしてもスプリッタのお世話になります。

 そういう事なら手持ちのアンプを使い、映像部分はスプリッタ2つとセレクタを多段に組むことでなんとかしのげそうです。もちろん配線は複雑になるし、見た目も悪いですが、とりあえずそれでいくことにしようかな(^^;

 
 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
シアター雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HD900B がメイン機に | ホーム | LibreOffice 快適ネットブック>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。