星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

9.0+2ch 化 完了

 風邪もすっかり治って、またぼちぼちとアンプの多チャンネル化に手を入れています。今日は設置したスピーカーの配線も終わり、アンプに接続し音だしまでこぎ着けました。
 
 スピーカーの構成はフロント左右+センター+サラウンド左右+サラウンドバック左右+フロントプレゼンス左右+リアプレゼンス左右の11個です。追加分のスピーカーはヤマハの小さくて値段の安いブックシェルフ型のにしました。サブウーハーは今は取り外しています。

 ヤマハの「AVENTAGE RX-A3010 」には、スピーカーのバランスなど設定は自動でできます。自動設定用のマイクを視聴ポイントに置いて、あとはすべてお任せ。測定結果を保存して、その後テストトーンでもういちどバランスを確かめます。さすがに11個もスピーカーがあると、何が何やらという感じもありますが、あちこちから聴こえてきて楽しいです。

 配線作業の片づけをして、部屋の掃除をして綺麗にしてから、映画を観ました。BDからは「トップガン」BSデジタル録画からは「ジュラシックパーク」を観ました。今回のシネマDSPHDキュービック(9.0)と比較するためにどちらの映画も5.0chで事前に視聴しておきました。
 
 視聴した感想ですが、やっぱり音に包まれているような感じがしていいです。とても気に入りました。セッティングは自動なので、細かいところは「あれ、サラウンド右鳴りすぎ」とか、「フロントプレゼンス、鳴ってる?」など、気になりましたが、自分で設定していた5.0chよりは、よほどバランスよく設定されています。YPAO(自動設定)おそるべしです(^^;

 今回の作業は、とりあえずスピーカーを取り付けて鳴らすのが目的でした。まだまだ完成とは言えません。特に気になる点は、スピーカーは設置した11個なのですが、「AVENTAGE RX-A3010 」の内蔵アンプは9つなので、同時に鳴らせるのは9個までです。11個すべてのスピーカーを鳴らすには外部パワーアンプが必要になります。いずれは外部パワーアンプを購入し、完全な11ch化を計りたいと思っています。マランツの2chのアンプあたりを狙っています。

 もうひとつ気になるところは、スピーカーケーブルです。そこそこ値段のするケーブルに交換するつもりでしたが、その前にスピーカーがそろってしまったので、作戦変更。とりあえず手持ちのケーブルやスピーカー付属の細いケーブルで配線しました。初期動作テストならこれでいいのですが今後の事も考え、すべて交換したいなと思っています。ただ予算にも限りがあるので、m当たりいくらぐらいのにしようか悩んでいます。(^^;

 しばらくは「サラウンドごっこ」で遊べそうです。それでは今日はこのへんで(*^_^*)(^_^)/~


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
RX-A3010 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シネマDSP | ホーム | こんな時に>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。