星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

即、交換

 DIGAの初期不良の件ですが、量販店に朝いちで行ってきました。一通り説明すると、パナのメーカーさんが動作確認をとりながら「交換します」と一言で片付きました。そのあとも、世間話をしながら談笑し、緊張感のかけらもないまま、事が終わりました。念のためということで、店頭で新品を開封してもらい動作チェックも済ませたので安心して持ち帰りました。
 で、先ほどラックに収めました。なかなかいい経験をさせてもらったと今は思いますが、昨日はそうはいかなかったです。やっぱり器の小さい人間です。(^^;
 
 さっそく録画を開始して、今もWOWOWを録っています。ラックに入れる前に、せっかくむき出しの本体があるので、プロジェクターとHDMIスプリッタやら中継器、セレクタなど持ち出して、接続のパターンを変えながら、3D出力時の動作について、簡単に調べました。ちょうどアマゾンから注文していた新しいスプリッタも来たので、それも交えて接続テストしました。

 けっこういろんなパターンがあったので、またまとめて記事にできたらと思っています。簡単に結論だけ言えば、スプリッタはどのメーカーも同じ動作。セレクタや中継器はまず干渉しない。電源を入れる順番で結果が変わる。など、理屈はわからないのですが、結果だけでもまとめておきたいです。(*^_^*)

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
DIGA | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<400-SW012 | ホーム | DIGA810 初期不良 2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。