星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブルーレイ3Dソフト

 今日「パイレーツオブカリビアン」のブルーレイ3Dソフトが届いた。これはDIGA810を買えば貰えるおまけソフトです。最初だけちらっと見て、後のお楽しみにとっておくことにしました。

 もう一本「アバター」のブルーレイ3Dソフトも今日、我が家に帰ってきました。友人宅に貸し出し中だったのですが、およそ半年ぶりの返却です(^^;。よかったよかった。

 それで今日は「アバター」を裸眼3DPCで見ています。ノートPCの画面なので、小さいですが、立体感はなかなかです。画面から1mぐらい後ろに下がった位置が今のところベストポジションです。とにかく奥行きは圧巻で、ずっとずっと先まで続いている感じです。

 それにしても裸眼で3Dが見られる、その仕組みが不思議です。3D眼鏡の場合は、右、左と画像を送ってそれぞれの目で別々に見るから、その視差で立体に見える。それは、よくわかります。

 裸眼ディスプレイの場合は右も左も同時に一枚のディスプレイを見ているのです。それが右目にはこの画像、左目にはこの画像と別々の画像を両目同時に届けていることが不思議で仕方ありません。でも実際に立体に見えているのですから、仕組みとしては正しいのでしょう(^^;

 この冬の東芝裸眼55インチが成功すれば、各メーカーからも同じく裸眼3DTVが発売されるかも知れません。70インチぐらいで、4K2Kの裸眼3DTVを発売してくれるメーカーはいないかなあ。

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
3D | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<PowerDirector10 720P | ホーム | dynabook Qoamio T851/D8DR youtube3d未対応>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。