星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HMZ-T1 VS H5360BD

 今日は時間があったので、スカパーで録画していた少女時代のコンサートをヘッドマウントディスプレイHMZ-T1とプロジェクターH5360BDで見比べました。どちらもなかなか良かったですが、それぞれの特徴も結構出ました。

 まずはHMZ-T1から、一番印象に残ったのが「黒が圧倒的に綺麗」ということです。コンサートは暗転が多く、暗い場面が多いです。そこにペンライトの明かりだけが美しく輝いて、星空をみているような感じでした。もちろん部屋を暗くしての視聴です。
 没入感は強く、まるで自分がコンサート会場にいるような錯覚を起こします。画面の大きさも会場の大きさに感じてきて違和感はなかったです。
 ただ、一点。激しくライトが点滅するので目が付いて行かず、ヘッドマウントディスプレイ故に視線を外しにくいです。そのため後半、どうしても目の疲れが出ました。そして装着感がじわじわと感じ始めます。簡単に言えば、重くなるのです。(^^;これは構造上仕方ないことです。途中からソファに横になり見ていました。

次にH5360BDで同じところを視聴しました。画面の大きさは125インチ。3D眼鏡をかけます。そのためどうしても暗い場面でより暗くなり、細かいディテールが残念ながら薄れてしまいます。ただ、視聴ポジションは自由にとれるため、どれだけ見ていても疲れません。しかも視線も自由に動かせるので、ゆったり見ることができました。一番大きな違いは、音です。これはH5360BDとの比較ではなくPJの視聴スタイルとの比較になります。
 プロジェクター視聴の際には音の部分は5.1chの音響システムを使います。コンサートの動画を見るにはサラウンドも含め、音が決まります。この部分だけはHMZでは味わえない部分でした。

 両方を比べてみましたが、どちらが優れているというのではなく、どちらも楽しめると考えたほうがシアターを楽しめると思います。その時に気分で選べばいいと思います


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 

H5360BD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HD900B 内蔵HDDにファイル移動中 | ホーム | 充電するタイミング>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。