星の映画館 ブログ

レンタルビデオもいいけれど、ソファーに座ってゆったりと見たい映画を選ぶのもまた幸せ!そんなお家大好きの私がおくる衛星放送のエアチェックのお話です。感動は宇宙からやってくる・・・いいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AVENTAGE RX-A3010 発注

 今日、家電量販店を三軒めぐって「AVENTAGE RX-A3010 」の見積もりを取ろうとしたのですが、在庫はもちろん展示もなし。一軒目だけ値段を出してもらうものの「こりゃだめだわあ」と思い、後の店は何となく立ち寄っただけといった感じです。

 顔見知りの店員さんにいつものように、いろいろ教えてもらって、ついでに非売品ももらって楽しい家電ツアーを終えました。帰ってきてからネットを散策。最終的に「アバック」で買うことにしました。値段は価格コムよりも安かったので満足です。即納といかないみたいなので、楽しみに待ちたいと思います。

 さて、購入を決めたヤマハのAVアンプ「AVENTAGE RX-A3010 」ですが、基本9.2ch(外部アンプ使用時11.2ch)まで対応みたいです。我が家は今5.0chなので、さてどうするか。晩御飯を食べてからあれこれ思案しています。とりあえず9.0chまで何とかもっていけないかと、壁や棚の上を見ながらスピーカーをどうやって設置しようかと考えています。ホームセンター通いが増えそうです。

 配線はどうしようか?スピーカーケーブルを全とっかえしようか。ついでにプロジェクターまで伸ばしているHDMIケーブル15mを「ちょっと高級品で」もう一系統配線しておこうか。

アンプが来る前に決めておかないといけない事や、買っておかないといけない物がいろいろ出てきました。とにかくラックの中を一度ばらして配線も外してリセットしてしまうのだから、この機会に今後使いそうな部分の配線だけは、前倒ししてでもやっておかないと後々面倒です。

 昨日のブログにも書いたように、手持ちの機器に比べてどう考えてもオーバースペックですが、まあ10年使うつもりで大事にしたいと思います。

 それから、電話注文しているときに「色は?」と聞かれ、考えていなかったので咄嗟に「ゴールドで」と頼みましたが、よくよく考えると後の機器は全部黒です。今使っているDENONのアンプだけがゴールドに光っています。(^^;。まあ、あと5年もしたらゴールドが流行るかもしれないので、良い選択だったと思うことにします。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
RX-A3010 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ヤマハのAVアンプ

 一昨日からAVアンプを買い替えるか、そのまま使うかまだ悩んでいます。(^^;
 買い替えるとしたら、今使っているDENONか以前少しだけ使ったことのあるYAMAHAか、どちらかにしようと思いあちこち検索しては、ため息をついています。

 買い替えの目的は、やはり今の世代のアンプが欲しいということ。つまりHDMI機器の交通整理に使いたいからです。それに、このところプロジェクターで視聴しることが多くなってきたので、久々に今風のサラウンドに興味がでてきました。

 機器選びをしている時はいつも楽しいものです。エントリークラスからハイエンドのフラッグシップモデルまで買ったつもりでスペックを調べてあれこれ空想の世界に入り込んでいます。

 今一番興味があるのはヤマハのAVアンプです。AVENTAGE RX-A3010 という機種が気に入ったのですが、どう考えてもうちのシアターにはオーバースペックなので、エントリークラスの A1010 か A2010 がいいのかも知れません。浮いた差額でサラウンドバックのスピーカーを新調してもいいですし、いっそフロント上部に天吊りして9.0chにしようかな(^^;(サブウーハーはあまり使わなかったので今は押入れの中です)

 ただ買って使ってみないとわからないのが「3D機器との相性」です。なんだかオカルトチックですが、カタログスペックではHDMI1.4a対応ならどの機器を繫いでも同じはずなんですが、今までの経験上相性はでます。ようやく購入した三種類のスプリッタの癖もみつける事ができ、安定して使えるようになったシアターなので、今無理をして新しく人柱チャレンジをする必要もないのですが、それでもAVアンプにも魅力を感じます。

さて、どうしようか。とりあえず明日いつもの三店舗めぐりをすることにします。上新、ヤマダ、ケーズの順番です。でもホームシアターのブースははケーズしかないんだよなあ。(^^;


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 

 

 
RX-A3010 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HD900B 3Dsimulation

HD900Bの3Dメニューをあれこれ見ていると「3Dsimulation」という項目が気になってきました。同じ並びに「サイドバイサイド」や「トップアンドボトム」があるので、初めは「フレームパッキング」の事かなあって思っていたのですが、言葉の意味が違います。考えているより試した方が早いので、さっそく3DBDで試してみました。
 
 パナの3Dビエラ65VT2に映し出すことにしました。「3Dsimulation」を選んでから、メニューをたどり再生させると確かに画像が二重に見えます。3Dメガネをかけてみると映像がひとつに結ばれ、立体の動画が始まります。はじまります・・のか?

 確かに立体のように見えるのですが、何か違います。物足らないというか、奥行き感はあるのですが、飛び出すところで飛び出さない。これはひょっとして、2D→3D変換?

 確かめるのに、2Dの映画を選んで再生させ「3Dsimulation」を選び再生させると同じように眼鏡なしでは二重に見え、眼鏡をかけると「やや立体な感じ」の動画再生になりました。やっぱりこれは疑似3D変換だったんだ(^^;
 海外機器のNMPで、同じRealtek1186DDチップを使っているNMPには2D→3D変換機能があるのをみてHD900Bにも同じ機能があればなあってうらやましく思っていて、HD900Bは初めからその機能は無いものと思い込んでいました。

 やっぱりこのネットワークプレイヤー、おもしろいです。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HD900B | コメント:0 | トラックバック:0 |

HD900B がメイン機に

 HD900Bを使う頻度が多くなってきました。とにかく便利です。ちょっと時間のある時に、見よう見ようと思ってそのままブルーレイに焼いて塩漬けになっている映画をパソコンからNAS(HDD)に流し込んでおくだけで、いつでも見たいときに大画面で見ることができるようになりました。

 ネットワーク越しでの再生になりますが、ファームの若いころは二度ほど落ちましたが、ファームを上げてからはBSデジタル品質のm2ts動画も全く問題なく再生できます。

 ブルーレイのメニューも、簡易メニューをたどれば大丈夫だし、特に3D再生は、HD900Bのプルダウンメニューの中に3D設定があるので、ほんとに楽です。

 Popcornhour A-300もISOメニューも自在に扱え、いい機器ですが3D再生がままならないのがやや不満です。
 3Dの動画を見ることが多いので、HD900Bの出番が増えます。使う前は値段なりのプレイヤーかなって思っていましたが、ここまでコストパフォーマンスが高いとは思いませんでした。

 こんな感じの楽しい機器がまだまだ世間にありそうで、暇があればグーグル先生に何かあたらしい出物がないか尋ねています(^^;

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HD900B | コメント:0 | トラックバック:0 |

AVアンプ

 一昨年から、シアターの機器を新しいものに入れ替え、ほぼ思うような感じになってきました。ただ前にはなかった規格の「HDMI」でつなぐ機器ばかりになったので、元々あるAVアンプではさばけません。そのためHDMIスプリッタ二個を使って映像出力は整理しています。音声のみアンプでさばいています。

 久しぶりに今のAVアンプはどうなっているのかとネットで少し調べると、随分進化していました。何やらDLNAにまで手を伸ばしているみたいで、ちょっと違和感がありました。(^^;

 HDMI入出力端子は、入力8系統。出力2系統というのがあり、便利そうです。HDMIは映像も音も同時に扱えるので配線の取り回しもきっと楽になるだろうなあ。って、ちょっと欲しくなりました。

 気になるところは、3Dの信号がきれいに通るのか。そこが一番の問題です。HDMI1.4対応なら大丈夫だと思うのですが、どうでしょう。それにうちの場合は出力側にテレビとプロジェクターとヘッドマウントディスプレイがあるので3出力必要です。そうなれば、どうしてもスプリッタのお世話になります。

 そういう事なら手持ちのアンプを使い、映像部分はスプリッタ2つとセレクタを多段に組むことでなんとかしのげそうです。もちろん配線は複雑になるし、見た目も悪いですが、とりあえずそれでいくことにしようかな(^^;

 
 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
シアター雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LibreOffice 快適ネットブック

 Linuxマシン化計画も完了し、東芝のネットブックN300/02DGをごくごく普通に日常ツールとして使っています。OSにUbuntu11.10を入れているので、すぐに使えるソフトが入っています。

 マイクロソフトのオフィスにかわるのがLibreOfficeです。ワードやエクセルと同じように文書を作ったり、表を利用して事務処理ができます。とりあえず毎日使って慣れたいので備忘録がわりに仕事がらみの行動をカルクで簡易データベース化しています。

 iPadもとても便利ですが、表を出して、文字をどんどん打ち込んでいくのにはキーボードが必須です。その点、この東芝のネットブックはキーピッチが普通のノートPCと変わらないのでブラインドタッチで打ち込めます。

 画面の表示範囲は少ないですが、それも慣れました。それに、バッテリー駆動で使えるのも大きな利点です。メーカーでは7時間となっていますが、うちでは省電力設定をあちこち切っているので、フル充電で4時間ほどの表示が出ています。それに見合った使い方をしているので、今のところ問題ありません。

 あれこれやろうと思えば、処理能力不足でできないことも多いネットブックですが、やることを決めて使えばなかなか便利な道具だと改めて思いました。(*^_^*)

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 

 
Linux | コメント:0 | トラックバック:0 |

H5360BD 2D→3D

 最近2Dの映画をDIGAの2D→3D機能を利用して、3Dで観て楽しんでいます。ビエラで見るよりは、プロジェクターのH5360BDで見た方が立体感(主に奥行き)があります。
 
 最初はH5360BD側の3D設定がうまくいかず、映像が二重になったり、4分割になったりと苦戦しましたが、「自動」でもなく「並列」でもなく「逆さま」を選ぶことで、きちんと絵が出ました。

 2Dの動画を3Dに変換しているので、それほど飛び出しはないのですが、それでもそれなりに雰囲気が出ています。この機能はあまり使わないというか、気づかない機能かもしれませんが、使ってみると楽しいです。また、H5360BDは3Dメガネをかけてもかなり明るく見えるのでこのような大画面での3D視聴には向いていると思います。

 今度時間のあるときに、ジュラシックパークの三部作をこの2D→3D機能を使って鑑賞しようと思います。

(*^_^*)(^_^)/~

 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
H5360BD | コメント:0 | トラックバック:0 |

少しお休みしていました。

 ちょっと体調を崩し病院のお世話になっていました。
 もうすっかりよくなって、ほぼ平常運転に戻っています(^^;

 その間にレコーダーには録画済みがいっぱい、とりあえず焼くやく焼くです。(^^;

 それでは今日はこれで失礼します(*^_^*)(^_^)/~


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

RM-PLZ530D 追加

 いろいろ機器が増えてきて、またリモコンも同じように増えたので二個目の学習リモコンを使うことにしました。たぶんこうなるだろうと、少し前に買って準備していたものです。

 機種は一つ目と同じソニーの「RM-PLZ530D」です。使い勝手はもう分かっているので、それなりに使いこなせると思います。今回色はブルーにしました。

 早速、登録を始めたのですが、海外の製品はボタン配置に共通性があまりなく、ちょっと手間取ります。日本製だと、画面の中のメニュー操作で特殊機能は選べるので、ボタン配置そのものは楽なんですが、向こうの機種は特殊機能をボタンにダイレクトに配置しているので、ボタンの数が増えます。(^^;

 覚えられそうにないので、またまたネームランドでラベルを作ってひとつひとつ貼り付けています。

 今回割り当てた機器は、Apple TV HD900B A-300 VW10HT H5360BD THD42MSP リビング東照明 です。
 一つ目のリモコンに詰め込みすぎていたので、少しこちらのリモコンに振り分けました。(^^;

 これで、しばらくは持つと思います。(^^;


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
シアター雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

TEC THD42MSP

TECの「THD42MSP」を3Dシアターのサブ機器群の切り替えに使い始めました。この危機はスプリッタで4入力2出力のマトリックスタイプです。スプリッタの比較記事を書くときに三種購入ておいたのが今役立ちました。

 メイン機器群の切り替えにはサンワサプライの「400-SW012」を使っています。あとの上海問屋の「DN-HDMI423」はまだ押入れの中ですが、そのうち出番がやってくるでしょう(^^;

 さて、このTEC THD42MSPですが、性能は申し分ありません。一部うまく作動しないところもありますが、それは機器が原因じゃなく、HDMIの仕様だと思っています。回避方法もあるので、まったく問題なく3D再生にも使っています。他の機器との違いと言えば、おまけ機能にスプリッタに付属している端子から音声を取り出すことができる仕様になっています。その規格がアナログ音声のみとなっています。

 しかし、我が家ではそれが好都合です。ワイヤレスサラウンドヘッドフォンに接続しようと思っています。
デジタルの入力端子は、既出のサンワダイレクトの「400-SW012」から光音声ケーブルで引っ張ってきています。アナログ入力端子はまだ未接続です。

 それにこのTECの「THD42MSP」のアナログ音声出力から引っ張ってきたケーブルをつなぐことで、とりあえずのヘッドフォン環境が構築できます。

 本来はAVセンターアンプを買い替えて、すべての交通整理ができたらいいのですが、今はHDMI関係が過渡期なのでどの機種を買えば長く使えるのかわかりません。もう少し様子をみたいので、それまでのつなぎとして使っていきたいと思います。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
HDMIセレクタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Popcornhour A-300 届きました

 本日夕方に、A-300が届きました。海外からの購入で随分と心配しましたが、届いてみれば早かったです。追加で1235円だったか、それぐらい支払ました。関税通過分ということでしょうか?よく分かっていません(^^;

 電源プラグのみ、手持ちの日本製プラグに替えて、後はそのままセッティングしました。初期動作チェックのみでしたので、詳しいことは分かりませんが、考えていた通りの動きはしてくれました。

 この機種を買った主な目的はBDのメニュー動作をそのまま再現出来ると思ったからです。今日は3D-BDのISOファイをを再生したとき、メニューもきちんと操作できたので、一安心。でもBDメニューにははいろいろなバージョンがあるので、すべてが完全動作するとは限りません。

 内蔵HDDは、裏蓋のネジを五か所外せば簡単に取り付けできそうです。HDDを準備していなかったので、実際に装着することはできませんでした。

 とりあえず、ネットに繋がっているNASから一番重いであろうm2tsを再生してみましたが、問題なく再生できました。使ったファイルはBSデジタルWOWOW品質です。次にBDのISO それから各種メディアファイルを再生してみました。今のところはHD900Bとの差は、それぼど感じていません。メニューぐらいです。

 もう少し設定をきちんとしてから、レビューしたいと思います。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
A-300 | コメント:3 | トラックバック:0 |

Popcorn Hour A-300  1月13日発送

 少し諦め気味だったので、メールチェックしなかったのですが、今日メールを確かめてみると「発送しました」とのメールが届いていました。HPのアナウンスだと1月20日になっていたので、まだまだだろうなあって、思っていたのでちょっと嬉しいです。

 今、配送状況を見てみると、香港に商品はあるということです。というか二日ほど香港に留まっています。(^^;早く日本に来い来い(*^_^*)

 変換プラグも用意しているし、設置場所も空けたし、ギガビットのスイッチングハブも買ったし。スプリッタも準備OKです。あっそうだ。外付け用にUSBケースとバルクのHDDを買うつもりが忘れていました。まあ、届いてから考えます。

 いつごろ着くだろうか(*^_^*)(^_^)/~


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
A-300 | コメント:2 | トラックバック:0 |

東芝 ネットブック N300/02DG 完全Linux化完了

 ようやくネットブックにLinuxのUbuntu11.10とMint12をデュアルブートできるようにインストできました。一日一日悩んだだけ、前に進むもんだなあって思いました。

 Mint12の日本語化で落ちるパターンも、回避方法が分かったので、一安心です。しかしUSBブートって一癖もふた癖もありますね。規則性がいまいちないのが混乱の元でした。(^^;

 それにしても東芝ネットブック、一週間もたたないうちにwindows7は消去され、Linuxマシンとなりました。元に戻せるようにバックアップを取っておこうかとも思ったのですが、まあ戻すことはあまり考えられないので、そのままOSを上書き変更しました。これでメーカー保障の対象外です。まあ仕方がないです。壊さないように使っていきたいと思います。

 このネットブックは、もうちょっと使い込んで慣れたら、NASなどネットワークのメンテナンス用に使いたいと思っています。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
Linux | コメント:0 | トラックバック:0 |

Linux mint 12 日本語化でこける

 今日はもう何回インストールしただろうか(^^;パトラッシュもう疲れたよって感じです。

 Ubuntu12の導入で気をよくした私は、さらにもう一台余っているXPノートにLinuxを入れようと考えました。それも、今度はLinux mint12を入れることにして、早速ネットからイメージISOをダウンロード。それから、メモリーも256MB×2なので、家電店で512MB×2を購入してきました。準備も万端整って、いざインストール。

 すべて順調だったのですが、インストールも終わり適当に遊んだ後「そうだ日本語化をしないと」と思い言語の設定へ。そこでフリーズ。何度やってもフリーズ。仕方がないので別のパソコンにインストールしてみても同じところでフリーズ。さらにISOイメージを別のバージョンにしてもフリーズ。もうお手上げです。

 今は、さらに別のバージョンをインストしていますが、どうなることやら。

 今回、Linux mint12 を入れようとしたノートパソコンは「NEC Lavie LM700/7E」です。買ったときはすごく高かったです。それが今は引き出しの中に眠っていました。再利用するためにあれこれしていますが、このパソコン。サブノートの割に重いです。当時は軽いなあって思ってバックにいれて仕事先に持ち歩いていたのに、今持つと別物です。(^^;

 えーっと、今新しくメッセージがでました。「インストーラー、クラッシュド・・・」終わった。
 今までの時間はなんだったんだろう。


 関連リンク
 星の映画館本館   星の映画館新館   3Dホームシアター  星の映画館メイン掲示板 
Linux | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。